工作室の考える「知のありかた」

こんばんは。ヒラクです。 前回の続きで、もう一つ大事なテーマ。 僕の考える「知のありかた」。 教養云々…ではない、もっと生きた知を考えてみたい。 仕事をしていて、よく学者や専門家などのアカデミックな領域と、編集者やプラン... 【続きを読む】

手は考える。

こんばんは、ヒラクです。 7月からフル回転し、ようやく一段落ついた中休みの最近。 父方の祖父であり、小倉工作室の名前の由来ともなった小倉工作じいちゃんの墓参りをしながら、「自分の仕事のテーマ」とは何ぞやとふと振り返ってみ... 【続きを読む】

ノマドな生き方のノート

こんにちは。ヒラクです。 皆様ご存知の通り、僕はあちらこちらと旅が多い人とのイメージが強いよう(メールや電話の第一声が『いま東京にいるの?』だったりする)。 仕事をしだしてからは、ヨーロッパみたいに遠いところには中々いけ... 【続きを読む】

話し相手

実際、現実の状況は年々複雑になっていって、自分の人生は日々色んな責任を抱え込みながらややこしくなっていく。 それをなんとかしたいと思うなら、僕としては、自分の能力を引き上げることよりも、同じ立場で話ができる「話し相手」が... 【続きを読む】

雲の上の人々

帰国から一週間経った週末、電池が切れたように眠り続けた。起きて、最低限の仕事をして、また眠る…の繰り返し。 夢の中で、あの雲の上の町、人々の色鮮やかな姿が何度もフィードバックする。今まで結構へんぴな場所には旅行してきた... 【続きを読む】

Back to Top