All posts filed under: ▷発酵的に社会を見る

『発酵文化人類学』一周年記念!3万部重版&フランス語版&続編ができるよ!

あまりにも刹那の出版界で、一年間サバイバルできたよ。生き延びたよ〜!!! 去年出版した『発酵文化人類学』が一周年を迎えました。 ありがたいことに、売り上げが落ちていません。取り扱ってもらえている本屋さんもだんだんと増え続 […]

HAPPY&COZY!1万人が醸された『こうふはっこうマルシェ』レポート。

全国の発酵新世代が、山梨に大集合!で盛り上がった『こうふはっこうマルシェ』。 どれぐらい盛り上がったかというと、規模でいうと1万人超! ※イベント運営のYBS調べ。北口発酵会場だけの統計なので他会場含めると約15,000 […]

ラブという薬。功利的にならないことの功利性

友人の精神科医兼ミュージシャンの星野概念さんがいとうせいこうさんとの対談本『ラブという薬』を出版したよ!というツイートを書評がわりにブログにまとめておきます。 功利的にならないことの功利性 いきなり手前みそな話なんですけ […]

ユニークであること、しなやかであること。生物のサバイバル条件について。

ここ最近は微生物の世界をより包括的に理解すべく、生物の進化や地球環境の歴史を勉強していました。そこで色々を考えたことをメモ。 ユニーク&しなやかであること 生物の歴史を見ていくと「強くあること」「多数を占めること」を目指 […]

一球入魂!旅と学びと出会いに満ちた2017年の振り返り。

『発酵文化人類学』を書いて全国に売りに行く。 2017年にやったことはそれだけ。一つのことに全力投球!の一年でした。 ・色んなことに手を出さない ・全力でつくったものを価値化する ・ローカルを第一に考える ・真っ当かつ愉 […]

アイデアの捨て漬けと、次世代の「発酵読モ」の登場

最近考えてることと、後半に大事な業務連絡。 ただいまヒラクはキャパオーバーで呆然としております。 「アイデアの捨て漬け」期間をとる 『発酵文化人類学』のプロジェクトが一段落して、来年以降の仕事のことを考えはじめているわけ […]

元才女おばさん。アラサークリエイティブ女子が直面する危機のその先。

あなたは「元才女おばさん」をご存知だろうか? 言うまでもなくあなたは「元才女おばさん」のことを知らないだろう。なぜなら僕の造語だからね! 「はじめて聞いたワードですが、なぜか心がザワつきます…」 「ていうか、それ、私のこ […]

食に関わるということは、世界に関わるということ。

大阪発のカルチャーマガジン『IN/SECTS』最新号の特集「新しいもの、未知なるもの」で寄稿したコラムを僕のブログに転載します。最近の食の潮流について僕なりに考えてみました。 この『IN/SECTS』、つくっている人の手 […]

34歳は、見えないものを見る年だ!

34歳になりました。 メールや電話やSNSでお祝いしてくれた皆さま、どうもありがとう。 33歳の一年間は、これまでやってきたことをぐっと深めて結果に結びつける年でした。ブダペストで学会デビューし(いきなり海外)、シューマ […]

【発酵文化人類学】拙速ではなく満を持して。いよいよ校了を迎えるぜ!

入稿作業中の担当編集橋本さん。社会人一年目にしてハードコアな山場…! よ…ようやくゴールにたどり着きそうだ。 来月リリース予定の新著『発酵文化人類学』、ついに校了直前までたどり着きました。 想定外のボリュームとディープさ […]

『発酵文化人類学』を盛り上げてくれる本屋さん、この指とまれ!

【前回までのあらすじ】雑誌ソトコトの連載『発酵文化人類学』が書籍化されることに。「出版は祭りだ!」を合言葉に、このブログ上で事前予約を募ったり、特集企画を組んだり、装丁デザインの投票を呼びかけたり、ソトコト編集チーム一丸 […]

『おじさん界』の創設。

『おじさん界』創設に寄与した名誉おじさん、徳谷柿次郎氏。 2017年は『おじさんの年』になるかもしれない…! このブログではおなじみのジモコロ編集長の柿次郎さんが、2016年末に開催した「忘年会おじさん」というイベントに […]

【1000人達成記念】発酵デザイナーのこうじづくり講座

お味噌やお酒、和食のもととなる「こうじ」。 ちょっとした工夫と知識があれば、初心者でも家庭でこうじ菌を育てることができます。 発酵デザイナーが半年間研究に研究を重ねた「おうちでかんたん こうじづくりメソッド」で、和食の真 […]

【発酵デザイン入門】お腹のなかの驚異の生態系。 腸内細菌と免疫のひみつに迫るDay4<後編>

お腹のなかの驚異のミクロ生態系を解説! 発酵の概念を拡張し、暮らしにまつわるバイオテクノロジーを包括的に学ぶgreenzの講座『発酵デザイン入門』第四回の講座レポートをお届けしまーす。前編の「微生物と地球環境」に引き続き […]

「デキる人材」と「おもしろ人材」がソーシャルビジネス界に流入しそうな気配

「秋の移動しまくりキャンペーン」がようやく終わった。 2ヶ月で、九州は福岡、佐賀、長崎、熊本。関西は神戸、大阪、京都、岐阜。その他にも香川や千葉のいすみ、横浜や東京などとにかくあちこちに移動しすぎで腰が痛いぜ。 年内はあ […]

正しいやりかたなんてない。地域における「結果出したら梯子外される」現象の怪

ちょっと前にツイートしたことをブログにまとめておきます。 地域における仕事と結果の関係について。 結果を出すことの弊害 こないだ、山梨の友人ケイゴマンがうちに遊びに来た。 彼は市役所の職員の立場で富士吉田のまちづくりで大 […]

続・そもそも発酵とは何か。呼吸と発酵の違いを解説!

去年に書いた『そもそも発酵とは何か』についてのエントリーについての感想をちょくちょくもらいます(ありがとー)。割とユルい解説だったので、今度は微生物学的な観点からの補足をノートしておきます。発酵好きの方、ヒマな時にどうぞ […]

発酵しすぎな夏休み。素敵な友人たちといっぱい遊びました

photo by 土屋誠 (BEEK) えー、事後報告ですが本日8/12まで発酵デザイナーは2週間ほど夏休みを取っておりました。 ていうか、今朝「あっ、この2週間ってつまり夏休みだったな」と気づいたわけで。 備忘録も兼ね […]

ヒマが大事だ!誰よりも自由なネズミについて

ヒマが大事だ!というツイートをブログにまとめておきます(←自分に言い聞かせるためにも)。 ここ半年くらい意識的に頑張ってきたのが「ヒマになる」ことで、それは何のためかというと「ふだん後回しにするような知識を学ぶ」ことと「 […]

発酵デザイナーまとめのまとめ。はじめてのひと、もっと気になるひとに

こんにちは、小倉ヒラクです。 「このWEBサイト、色んなものがありすぎてどう読んでいいかわからないんだけど」というお問い合わせがけっこうあるので、ガイドをつくってみました。 はじめてのひと、まとめて色々読みたいひとはどう […]

はたらくとは、自分の手で現実をつくり出すこと。はたらくカタチ研究島でみんなに伝えたことまとめ

先週末、淡路はたらくカタチ研究島のクロージングイベントでお話ししたことを改めてブログにまとめておきます(←言い足りなかったことを加筆しておきました)。 はたらくとは、自分の手で現実をつくり出すこと 最近片付けをしていたら […]

文学としてのビジネス。シュリンクする時代の新しいモノサシ

文学としてのビジネス。 事業の成否を判断するモノサシは、文学性の高さになるかもしれない。 山陰ツアーで訪ねた群言堂やタルマーリー、木工アトリエのようび。ツアーの道連れである青木さんの北欧暮しの道具店、おのっちさんのgre […]

「ちいさな工夫」が積み上がって生まれるミラクル

群言堂の宿、他郷阿部家のパッチワークされた舗石。味わいある。 山陰豪族ツアーから帰ってきました。 旅程は、島根県石見銀山の群言堂→広島県尾道→鳥取県智頭→岡山県西粟倉の三泊四日。 各地で色々な出会いがあったのだけど、石見 […]