All posts filed under: ▷本と漫画

なぜKEYくんは「隣り合って」座るのか?『東京タラレバ娘』の倫子さんが不憫すぎる件

タラレバ娘の最新刊(四巻)を読了。 今までで一番「心に刺さる」内容だったので、発作的にブログにまとめることにする。 序盤、映画好きのマッチョイケメン奥田くんとの恋がすれ違っていくさまの痛々しさはなんなのだろうか。「趣味が […]

ワタシとワタシの間の密かな対話。女子ブロガーの才能はまぶしい。

いつも読むのを楽しみにしているブログに、チェコ好きさんとヒビノケイコさんのブログがある。この二人のブログを読んでいると「おお、才能あるなあ」と思う(←僕がこんなこと言うのも恐縮ですけど)。そしてとても懐かしい気持ちになる […]

「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。

瀬名秀明さんの『パラサイト・イブ』を久々に読み返した。 なんで今さら?って話なんだけど、実は微生物研究の一環として読みなおしてみたのですね。僕の専門の「発酵学」というのは隣接する領域がとても多い。微生物の発酵作用を原理的 […]

「わかりやすい」は「読みやすい」ではない。しゃべると書くの関係性

「わかりやすい」は「読みやすい」ではない。 と、最近強く感じるわけですよ。 僕の専門は微生物学や発酵学。大学の専門課程で学ぶことなので、フツーの人にはハードルが高い。でもそのハードルを下げて「わかりやすい」と思ってほしい […]

漫画『キングダム』に見る文化人類学的教え。社会を新陳代謝を促す理想モデル

久しぶりの「ちゃんとしたエントリー」の更新。 イベントで忙しかったのと、原稿の締切に追われていたのでなかなかまとまった文章を書けなかった。 「いやいや、そんなのいつもの事でしょ。他に何か理由があるんじゃないかね?」 はい […]

表現のリソースを枯渇させないためには、ノイズを発生させる必要がある。

いわゆる「クリエイティブ」と称される仕事をしていると、よく「インプットとアウトプットのバランスを取る」なんてことがよく話題に登ります。 そんでね。 つつつ、ついに来てしまいましたよ。 「インプットのリソース枯渇」という現 […]

男子の友情が、女子のドロドロを浄化する。三浦しおん『船を編む』レビュー

三浦しおんさんの「船を編む」を読んだ。 いやあ、相変わらずの面白さだなあ…と読み進めているうちに、なぜかふと「作者の原風景」というものが見えてしまったので、レビューしておきます。 理想の男子像は、何を意味しているのか? […]

「フロー型思考」と「ストック型思考」。波に流されない杭を打ち込む。

うん。ようやくこのモヤモヤが言語化できたんだ、ブラザー。 知識と同じように、思考にも「フロー型」と「ストック型」がある。 「フロー型思考」は「やり方」を語り、「ストック型思考」は「あり方」を語る。 僕がずっと考えてきたの […]

【5×5×5FES】青木耕平(北欧、暮らしの道具店)の推薦文

推薦者二人目は、ECサイト「北欧、暮らしの道具店」を運営するクラシコム代表、青木耕平さん。「あんなお洒落なサイトをやっているなんて、さぞかし…」と思って会ってみると、予想の遥か斜め上を行く「THE 経営者」な青木さん。 […]

新しいことを学ぶと、やたら眠くなる。

研究が終わったらアニメの絵入れ。写真はたゆたうのあっこちゃん。 うむむむ、眠いぜ。 ここ最近、やたらと眠たい。原因はわかっている。 「新しいこと学ぶと眠たくなるシンドローム」なのだな。10月に農大の研究室に通いだしてから […]

絵画的思想力。フレデリック・バックのアニメがいかにスゴいか考える。

こんにちは。ヒラクです。今日も暑いですね〜。 さて。恥ずかしながら、僕いまさらながらフレデリック・バックのアニメを見たんですよ。 昨年亡くなってしまった、カナダのアニメ作家。「木を植えた男」が有名ですが、他のアニメもスゴ […]

めざせ「重版出来」!! 〜本を売るのはチームワークだ!

書店員さんのアドバイスをもとにつくった、手描きPOP。そうか、こうやって伝えるのか。 前回に引き続き、今夜も漫画にちなんだトピックス。 最近、義姉の史ちゃんオススメの漫画「重版出来」を読んだんですけど、いやこれ今のタイミ […]

ドラゴンボールの本質は「学びの継承」にあった!〜亀仙人の卓越した教育法〜

武道の達人に弟子入りするも、毎日牛乳配達。しかしこれには意味があった… “ドラゴンボール ©鳥山明” 最近、ふとドラゴンボールを読み返してみました。 子どもの時は「ひたすらバトっている格闘漫画」だ […]

ポストSF世代から見るSF世代の想像力。

こんばんは、ヒラクです。 「ポストSF世代」シリーズ、しつこいけどまだやります。 エントリーを書きながら気づいたのは、「SFの想像力ってエクストリームだな」ってことで。 ナウシカでもAKIRAでも、スタートレックでもいい […]