All posts filed under: ▷酒の美学

発酵とファッションはよく似ている。逃れられぬトレンドという宿命。

『発酵文化人類学』の出版記念企画として、雑誌ソトコトの連載バックナンバーを無料公開!  なぜそんなことをするかというと、書籍版は過去の連載記事を全部無視した「完全書きおろしREMIX」だからなのだ! 発酵とファッションは […]

クラフトジンはスゴい!香りとハーブの美学。

クラフトジンの世界は奥が深い…! ジンといえば、ジントニックやマティーニの材料で同じみのハーブっぽい味がするスピリッツ。ゴードンズやタンカレー、ボンベイサファイアあたりが定番ですね。 でね。このジンの世界にもビールみたい […]

「読モ」理論。三角形の幸せなコミュニケーション。

文化とは、誰かがつくって与えてくれるものではなくて、自分でつくるもの。 モノだけではなく、モノの楽しみかたもまた文化です。価値観のモノサシをつくることができる「読モ」の層がどれだけ分厚いか、というのが文化の質。最近あちこ […]

発酵文化をモダンに楽しむ!山梨発酵ツアーに遊びにおいで〜

週末は、OZマガジン企画の女子旅ツアー。山梨の発酵スポットのアテンドをしてきました。どこも自分にとってはなじみの場所ですが、改めてツアーで回ってみると山梨ってほんとに郷土食と発酵文化が豊かだなあと再認識。 各地を巡り歩い […]

パック酒は美味い!純米大吟醸だけが日本酒の快楽じゃない。

こんにちは、ヒラクです。 このブログの場を借りまして、日本酒好きの皆さまに言いたいことがあります。 パック酒(普通酒)を侮るなかれ!パック酒は美味い!! こだわりの純米大吟醸ばっかり飲んでも、日本酒の真髄はわからない〜! […]

【発酵文化人類学】みんなの言霊で、世を発酵させておくれー!

こんにちは、小倉ヒラクです。 新著『発酵文化人類学』。先行発売から一週間が経ち、事前予約ぶんの700冊+イベント販売分の100冊あわせて800冊が皆様のもとへ旅立っていきました。 発送前に800冊ぶんのサインを描きました […]

『おじさん界』の創設。

『おじさん界』創設に寄与した名誉おじさん、徳谷柿次郎氏。 2017年は『おじさんの年』になるかもしれない…! このブログではおなじみのジモコロ編集長の柿次郎さんが、2016年末に開催した「忘年会おじさん」というイベントに […]

冬は燗酒でカラダを温める。日本酒の幸せすぎる飲みかたガイド

僕、日本酒を温めて飲むのが好きなんです。 一般的に「良い日本酒」って、キリッと冷やして飲むイメージあるじゃないですか。 もちろんそれも悪くないんだけど、僕は声を大にして言いたい。 幸せになりたかったら、燗酒を飲むべし! […]

甲州ワインのニュージェネレーション!ソトコト10月号の特集記事に寄稿しました

ソーシャル&エコマガジン『ソトコト』で絶賛連載中の「発酵文化人類学」の特集出張版! こないだ発売されたソトコト10月号誌上にて「甲州ワインのニュージェネレーション」と称して僕のホームである山梨のワイン事情をレポートしてお […]

ワインのローカル進化系。甲州ワインを巡る旅<2016初夏>

今週平日は、東京から友だちを招いての甲州ワイン巡りツアー@勝沼&塩山。 参加者は、蔵前の玄米レストラン『結わえる』のオーナー荻野さん&田口さんペアと、味噌とこうじの絵本をデザインしてくれた亮子さん、そして僕の発酵ユニフォ […]

設計図を超える美を目指せ!新政に見る攻めの酒づくりの秘密<後編>

イベント終了後の集合写真。イケメンの蔵人も何人か写ってます。 秋田の銘酒、新政の杜氏古関さんとのトークイベントで感じたこと後編。新政の蔵人たちのチームワークについて話そうかなと。 前半はこちらからどうぞ。 ・設計図を超え […]

設計図を超える美を目指せ!新政に見る攻めの酒づくりの秘密<前編>

右から司会ののんびり編集長藤本さん、新政の杜氏古関さん、僕。 ちょっと前のことだけど、新政のおはなし。 去る4/5、秋田駅近くの市民市場で、秋田の銘酒『新政』の杜氏(←酒造りの棟梁)古関さんとトークイベントをしてきました […]

無為の時間が未来を養う。「ガードレール飲み」と「馬場歩き」

こないだ良い光景を見た。 渋谷駅のモヤイ像のすぐ横、夕方日の落ちる頃の、大学生くらいの男子二人がガードレールに座って楽しそうに缶チューハイを飲んでいた。 いいなあ。 僕、発酵の研究家だしいいオトナだから、お酒飲むためだけ […]

よい子の超・日本酒入門。美味しいお酒を探す旅に出よう

最近よく「美味しい日本酒ってどうやって見つければいいですか?」と聞かれます。 うん。基本的にね、美味しい日本酒ってのは、コンビニやスーパーはもちろん、そこいらの酒屋さんや百貨店でも手に入らないのですよ。 美味しい日本酒を […]

寺田本家 『うふふで醗酵』 アートディレクション

千葉県神崎町で340年続く酒蔵、寺田本家の調味料ブランドのアートディレクション。 醗酵男子のCOZY TALKを縁に知り合ってからとっても共感している寺田さんたちから「普段の食卓に使える調味料を作りたいんだけど…」と依頼 […]

日本酒づくりの伝説「宮水」を訪ねに、兵庫県灘へ行ってきました。

西宮・魚崎・御影・西郷・今津で灘五郷と呼ばれる地域。 兵庫県の灘といえば、日本酒の聖地。 なぜ聖地になったかというと「宮水」という酒づくりに最高すぎる水が湧き出している地域だからなんですね。 というわけで、今回はソトコト […]

酒とファッションはよく似ている。トレンドという逃れられぬ宿命。

写真は去年カフェ・フェルマータで開催した利き酒イベントのラインナップ。 今年の農大の研究テーマは「お酒の醸造」。 なので、お酒を「じっくり考えながら飲む」ようになりましたた。 とりわけ最近よく飲むようになったのは日本酒。 […]

ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉。日本人のためのエールビール

GWはひたすらDIY三昧。休憩のビールがおいしいぜ。 最近ヒラクがよく飲んでいるのは、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉」。 これね。 量販店で買える日本のビールとしては最高峰の出来だと思っているので […]

発酵界のウッドストック〜神崎酒蔵まつりへ行ってきました〜

人口数千人の小さな町に、5万人がやってくる! 田んぼが広がるのどかな風景をトコトコ歩いていると突如あらわれる巨大なフェス。こ…これはウッドストック1969のようではないかッ! 千葉県神崎にある二つの酒蔵、寺田本家と鍋店が […]

ビールはエラい!「安全・高品質」という言葉はビールのためにある。

こないだデザインさせてもらった、AUGUST BEERの無濾過ピルスナー。おいしいよ。 今年の夏は、ビールの仕事が多かった(パッケージデザインとかイベントとか)。 なので、必然的にビールの勉強がはかどるわけですが。 いや […]

日本食は業が深い。

昨日のご飯のお話しの続き。 日本人は自分たちが飼う家畜を屠殺することもせず、またこれを食べもしない。 彼らはときどき魚を食膳に供し、ほとんど米麦飯のみを食べるが、これも意外に少量である。ただし彼らが食べる野菜は豊富にあり […]