All posts filed under: ▷文化と科学

『発酵文化人類学』一周年記念!3万部重版&フランス語版&続編ができるよ!

あまりにも刹那の出版界で、一年間サバイバルできたよ。生き延びたよ〜!!! 去年出版した『発酵文化人類学』が一周年を迎えました。 ありがたいことに、売り上げが落ちていません。取り扱ってもらえている本屋さんもだんだんと増え続 […]

発酵とファッションはよく似ている。逃れられぬトレンドという宿命。

『発酵文化人類学』の出版記念企画として、雑誌ソトコトの連載バックナンバーを無料公開!  なぜそんなことをするかというと、書籍版は過去の連載記事を全部無視した「完全書きおろしREMIX」だからなのだ! 発酵とファッションは […]

HAPPY&COZY!1万人が醸された『こうふはっこうマルシェ』レポート。

全国の発酵新世代が、山梨に大集合!で盛り上がった『こうふはっこうマルシェ』。 どれぐらい盛り上がったかというと、規模でいうと1万人超! ※イベント運営のYBS調べ。北口発酵会場だけの統計なので他会場含めると約15,000 […]

クラフトジンはスゴい!香りとハーブの美学。

クラフトジンの世界は奥が深い…! ジンといえば、ジントニックやマティーニの材料で同じみのハーブっぽい味がするスピリッツ。ゴードンズやタンカレー、ボンベイサファイアあたりが定番ですね。 でね。このジンの世界にもビールみたい […]

マイクロバイオームとは何か。身体のなかの生物多様性

あなたの身体のなかには、星の数ほどの微生物が棲んでいる。 こいつらはただ身体をすみかに借りているだけではなく、あなたが生きていくために食べ物の消化吸収を手伝い、免疫力のバランスを調整し。肌荒れや病原菌の侵入を防ぎ、さらに […]

ユニークであること、しなやかであること。生物のサバイバル条件について。

ここ最近は微生物の世界をより包括的に理解すべく、生物の進化や地球環境の歴史を勉強していました。そこで色々を考えたことをメモ。 ユニーク&しなやかであること 生物の歴史を見ていくと「強くあること」「多数を占めること」を目指 […]

「読モ」理論。三角形の幸せなコミュニケーション。

文化とは、誰かがつくって与えてくれるものではなくて、自分でつくるもの。 モノだけではなく、モノの楽しみかたもまた文化です。価値観のモノサシをつくることができる「読モ」の層がどれだけ分厚いか、というのが文化の質。最近あちこ […]

京都は貴族の味、名古屋は武士の味、東京は商人の味。

出版ツアーで全国行脚をしまくった結果、だんだん日本列島における「味覚の地域性」を言語化できるようになってきました。 東北、北陸、甲信越、首都圏、東海、関西、中国山陰、九州、沖縄とそれぞれ「味の美意識」に多様性があり、僕の […]

食に関わるということは、世界に関わるということ。

大阪発のカルチャーマガジン『IN/SECTS』最新号の特集「新しいもの、未知なるもの」で寄稿したコラムを僕のブログに転載します。最近の食の潮流について僕なりに考えてみました。 この『IN/SECTS』、つくっている人の手 […]

アタマ発酵本。発酵文化人類学から生まれた関連本セット販売企画やるよ!

セットで読みたい『アタマ発酵本』キャンペーン始めます! 「なぜこんなニッチすぎる本が売れるのか…?」と出版業界をザワつかせているらしい僕の新著『発酵文化人類学』。出版から四ヶ月が経ち、口コミで全国に広がりながら、間もな […]

中目黒蔦屋書店にて、本と発酵食品がセットになった個性派フェアが盛り上がっている件について

5/6に盟友アサダワタル君と対談した出版イベントも大盛況! 今回の『発酵文化人類学』出版記念祭りで一番最初に「フェアやります!」と手を挙げてくれた中目黒蔦屋書店の北見さん。めっちゃ元気な女の子だなぁ…と思っていたら、いつ […]

【発酵文化人類学】ベストセラーへの道が見えた!もうすぐワンモア重版出来するよ

新著『発酵文化人類学』、10,000冊売れたら海外へ行くぞ!と宣言しましたが、どうやら実現しそうです。しかも予想よりも全然はやく。 ・【発酵文化人類学】発売7日目で重版決定!10,000冊売れたら海外編が出るよ! 昨日5 […]

34歳は、見えないものを見る年だ!

34歳になりました。 メールや電話やSNSでお祝いしてくれた皆さま、どうもありがとう。 33歳の一年間は、これまでやってきたことをぐっと深めて結果に結びつける年でした。ブダペストで学会デビューし(いきなり海外)、シューマ […]

同時代を生きる。文化はコレクティブに織り合わされる。

出版ツアーの合間に、愛知県蒲郡で開催されている野外フェス『森、道、市場』に参加してきた。 愛知のみやもと糀店や澤田酒造、三河みりんやりんねしゃをはじめ、千葉の寺田本家や滋賀の富田酒造、発酵研究家のなかじさんなど全国の醸造 […]

【発酵文化人類学】発売7日目で重版決定!10,000冊売れたら海外編が出るよ!

みなさまにお知らせです。 僕の新著『発酵文化人類学』の重版出来が決定しました。 しかも発売開始7日目で決定という快挙! GW中には重版が確実になっていたのですが、なぜ報告が遅れたのかというと、増刷する部数を相談していたの […]

『発酵文化人類学』は本当に売れているのか?本屋さんに会いにいってきました。

結論から言えば、4/28に発売された『発酵文化人類学』は売れている…! 事前予約をいっぱいもらったり、たくさん感想やコメントをシェアしてもらったり、名だたる書店でフェアをやってもらったり。無名の著者ヒラクの本をここまで […]

【5/21】ミツル醤油と西の日本酒でみんなで天国へ行くナイト〜 発酵文化人類学出版ツアー feat. ミツル醤油

イベント告知! 発酵を切り口に日本各地のローカル文化の謎を紐解く『発酵文化人類学』の全国出版ツアー。本のなかにも登場するミツル醤油のホーム、福岡でとんでもなくハッピーな宴を開催! 会場は超絶ハイセンスすぎる居酒屋、捏製作 […]

事前予約ありがとうございました!発酵オームの群れがみんなの家に押し寄せるのでよろしく。

新著『発酵文化人類学』、無事刷り上がりました。 日曜にソトコト編集部の事務所で事前予約の発送準備をしてきたぜ。 事前予約数は、最終的になんと600冊以上!みんな、どうもありがとう〜。 心をこめてサインするぞ!ということで […]

手前みそからシンギュラリティまで。『発酵文化人類学』の詳細はこちら!

『発酵文化人類学』はこんな本になるよ! 4/28から全国の書店でリリースとなる新著『発酵文化人類学』。手前みそからシンギュラリティまでをカバーする前代未聞の発酵本の詳細を皆さまにお伝えさせていただきます。 『発酵分解人類 […]

【発酵文化人類学】拙速ではなく満を持して。いよいよ校了を迎えるぜ!

入稿作業中の担当編集橋本さん。社会人一年目にしてハードコアな山場…! よ…ようやくゴールにたどり着きそうだ。 来月リリース予定の新著『発酵文化人類学』、ついに校了直前までたどり着きました。 想定外のボリュームとディープさ […]

発酵とファッションはよく似ている。逃れられぬトレンドという宿命。

『発酵文化人類学』の出版記念企画として、雑誌ソトコトの連載バックナンバーを無料公開!  なぜそんなことをするかというと、書籍版は過去の連載記事を全部無視した「完全書きおろしREMIX」だからなのだ! ▶発酵とファッション […]