Author: hiraku

地域とコミュニティを巻き込むラジオの力。『発酵兄妹のCOZY TALK』を128回やってわかったこと。

なんだかんだで10年一緒にいる五味兄妹+発酵デザイナーの三人組 たぶん世界で唯一の発酵ラジオ番組『発酵兄妹のCOZY TALK』。 山梨県甲府市の老舗五味醤油の兄妹と三人で、2015年9月から地元のラジオ局YBSでスター […]

できないこともクリエーション。

こないだ会社勤めしてた頃よく通っていた下北沢の都夏でgreenzプロデューサーのおのっちさんと飲んできました。 「箱をつくる=プロデュース」と「箱の中身をつくる=クリエイション」の整理について相談にのってもらったんだけど […]

HAPPY&COZY!1万人が醸された『こうふはっこうマルシェ』レポート。

全国の発酵新世代が、山梨に大集合!で盛り上がった『こうふはっこうマルシェ』。 どれぐらい盛り上がったかというと、規模でいうと1万人超! ※イベント運営のYBS調べ。北口発酵会場だけの統計なので他会場含めると約15,000 […]

プロデュースおじさんの脱力系ビジネス論がログミーで読めるよ!

昨年福岡で始まった謎のイベントシリーズ『プロデュースおじさん』。 ハックできるストロングポイントが何一つない、悩みと弱音に満ち溢れたビジネス論をまったりと語るそのスタイルがなぜか人気を博し、去年秋にヒカリエのTWDW(東 […]

ラブという薬。功利的にならないことの功利性

友人の精神科医兼ミュージシャンの星野概念さんがいとうせいこうさんとの対談本『ラブという薬』を出版したよ!というツイートを書評がわりにブログにまとめておきます。 功利的にならないことの功利性 いきなり手前みそな話なんですけ […]

ヘルシンキでデザイン&サウナ三昧!

北欧に行ってきました。 ヘルシンキから入って、バルト三国のエストニア→リトアニアへ。とっても楽しい旅だったので何回かに分けてレポートしまーす。 まずはヘルシンキ。ノルウェーの首都。 用事があったのはリトアニアとエストニア […]

「そういう話もある」と「確かにそうなっている」のあいだ。

ちょっと悩み聞いてください。 さいきん「原稿確認の手間かかりすぎ問題」が日々の仕事を圧迫していて根本的な打開策を考えないとヤバい状態になっています(ここ一ヶ月原稿確認の依頼が大渋滞を起こして各所に迷惑かけまくってました) […]

クラフトジンはスゴい!香りとハーブの美学。

クラフトジンの世界は奥が深い…! ジンといえば、ジントニックやマティーニの材料で同じみのハーブっぽい味がするスピリッツ。ゴードンズやタンカレー、ボンベイサファイアあたりが定番ですね。 でね。このジンの世界にもビールみたい […]

マイクロバイオームとは何か。身体のなかの生物多様性

あなたの身体のなかには、星の数ほどの微生物が棲んでいる。 こいつらはただ身体をすみかに借りているだけではなく、あなたが生きていくために食べ物の消化吸収を手伝い、免疫力のバランスを調整し。肌荒れや病原菌の侵入を防ぎ、さらに […]

ユニークであること、しなやかであること。生物のサバイバル条件について。

ここ最近は微生物の世界をより包括的に理解すべく、生物の進化や地球環境の歴史を勉強していました。そこで色々を考えたことをメモ。 ユニーク&しなやかであること 生物の歴史を見ていくと「強くあること」「多数を占めること」を目指 […]

感性の記憶。

ベトナムを旅してきました。用事のない、久しぶりにリラックスした旅らしい旅でした。 そんななかで、とても印象的なことがありました。 中部ののんびりした街、フエを散歩している時に5ドルで泊まれるバックパッカー宿の軒先のカフェ […]

一球入魂!旅と学びと出会いに満ちた2017年の振り返り。

『発酵文化人類学』を書いて全国に売りに行く。 2017年にやったことはそれだけ。一つのことに全力投球!の一年でした。 ・色んなことに手を出さない ・全力でつくったものを価値化する ・ローカルを第一に考える ・真っ当かつ愉 […]