BLOG, ▶発酵文化人類学, ▷カルチャー&サイエンス, ▷旅ノート

発酵デザインラボ、実現するかも…? ロンドンとアムステルダムでバイオラボを訪ねてきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イギリス・トットネスの後は、街へ。
ロンドンとアムステルダムの「インディペンデント・バイオラボ」を訪ねてきました。

2016年のはじめに「今年は発酵デザインラボをカタチにするぞ!」という目標を掲げました。

・最高にDIYでナイスグルーブな発酵デザインラボをつくり始めたよ。バイオの世界はめちゃ楽しい

半年かけてけっこういいセンまで来たんだけど、さらなる可能性を求めて僕のようにいわゆる大学の研究室とは別のところでバイオテクノロジーの研究をしているハッカーたちに会いに行ってきたのだぜ。

ロンドン:Bento Lab

maxresdefault

まず向かったのは、ロンドンのBento Lab。
実は僕、彼らのクラウドファンディングプロジェクトを支援しておりまして。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅でDNAの抽出や解析ができるスターターキットの事前オーダーをしたのさ(写真は試作品)。で、実際に開発している人に会いにいこうと思ったわけよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミュージアムとしても有名なSomerset Houseの地下に、ギークなスタートアップたちの集まるコワーキングスペースがあります(地上とのギャップにびっくり)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わりとざっくりしたオフィス&ワークショップスペース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右のナイスガイ、Phillippさんが代表。ちなみに右はいっしょに遊びにいった友だちのガエル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンパクトな筐体に、遠心分離器(DNAを細胞から分離する)、PCR(DNAを増幅させる装置)、イリュミネーター(分離・増幅したDNAを可視化する)など、遺伝子工学の基本となる機材がオールインワンになっているナイスなパッケージ(大学の研究室で揃えるより2ケタぐらい安い)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今年の秋には完成する予定。それにあわせてワークショップもやるからヒラク君も来たら?」

い…行きてえ…。
Phillippさん、ありがとー。

アムステルダム:Waag society

続いて、アムステルダムの観光地ど真ん中にあるwaag societyへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかにも観光地!というお城のようなレストランの反対側に回ると…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

めちゃイマドキなシェアオフィスがあり、そこを抜けると…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんとウェットラボ(微生物やDNAの実験をする部屋)が!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何かをろ過している装置(何かは不明)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤマダ電機感あるインキュベーター(温度調整器)。オートクレーブ(熱と圧力で滅菌する装置)は圧力釜で代用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オープンソースの設計図をもとに、レーザーカッター(FAB)で組み立てたPCR。
DIY感すごい。笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠心分離器もオープンソースで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

培養や触媒に使う薬剤は、スーパーで売っているもので代用。
僕もおんなじことやってるぞ…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あなたも似たようなことやっているから、たぶんすぐラボつくれると思うわよ」

案内してくれたXiamyraさん。ありがとー。頑張りまーす。

ちなみにこのラボは、Biohack academyという市民バイオテクノロジー好きサークルの拠点になっており、日本でも渋谷ロフトワークに支部があります。
ゲオルグくんというナイスガイが、アムステルダムと同じように機材のDIYやワークショップをオーガナイズしているので興味がある人はぜひ参加してみてください。最近の活動だと、僕のワークショップにも何度か遊びに来てくれたことのあるMayumi Sakaiさんの「音楽と酵母プロジェクト」などが展開されているようです。要チェックやぞ。

発酵デザインラボの現実味が増してきた

さて。Bento LabとWaag Societyを訪ねてみて、すごく励みになったなぁというのが第一印象。
実際に会って話してみたら志もやっていることもとても近くて、設備や機材で工夫していることも発想がかなり似ていた(←なるべく安く、手づくりで、市販で手に入るもので代用)。

実験の安全性や基準をしっかり押さえれば、僕個人でもちゃんと継続的な研究ができそうだなあと背中を押してもらえる機会になりました。

でね。
今回の体験や、発酵デザインラボの今後については林千晶さんと一緒に来年出版予定の書籍にまとめられる予定。興味ある方は引き続き Check It Out!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【オマケ】アムステルダムの科学博物館に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いやあ、ここめちゃ面白かったんだよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「科学博物館」というわりにはひたすらポップ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然エネルギーの説明パネルのデザイン性すごい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古代ギリシャ時代からの科学史のレトロスペクティブがめちゃ楽しい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観察→仮説立て→実験→結論のフローが、インフォグラフィックを駆使して子どもにもわかるように解説されている(←感心)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

施設内のワークショップスペースでは子どもたちが実験を楽しんでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがオランダ。科学博物館に性教育コーナーが…!

微生物学や分子生物学は、未来の核になるテクノロジー。
国家単位でたくさんの人とお金が動く流れは加速していくだろうけど、その前に市井の僕たち一人ひとりがリテラシーを持つことが何より大事だと思う。

その時に、ハードル低く楽しくかつエッセンシャルに科学と向き合えるような場所を、ヒラクはデザインしていきたいと思います。

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)