BLOG, ▷旅ノート

哀愁とクラフトビールの街、ヴィリニュスが良さしかなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヨーロッパ旅行の最後は、リトアニアのヴィリニュスOUT。
前回まで滞在していた、ポーランドのヤノフ村から一番近い国際空港がある街がここだったのでした。

出国まで2〜3日のんびりしよ…と深く考えずに行ってみたヴィリニュス、

 ヴィリニュスはこんな街

ヴィリニュスは、リトアニアの南東部にある人口60万人弱の首都。 この街の旧市街はまるごと世界遺産になっているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧市街の入り口『夜明けの門』。門の内部にあるマリア像は地元のおばちゃんたちが熱心に祈りを捧げていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東欧のような、北欧のような、スラブっぽい雰囲気も漂う不思議な街並み。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イギリス〜オランダ〜ポーランドとずっと曇りがちな天気でしたが、ここは気持ちの良い快晴でした(でも気温は低い)。今回のヨーロッパ旅行は全体的に避暑のようだったぜ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁にアート作品が埋め込まれていたり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建物にセンスのいいグラフィティがあったり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

街路にはカフェのテラス席が並んで、みんなリラックス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧市街の風景。良さ〜!!

リトアニア料理は最高でした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リトアニア風牛タンステーキの煮込み。なんとも不思議な味わい。 サワークリームの甘酸っぱさが特徴的。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チーズやクリーム、そして魚介もバリエーション豊か。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

果物もとっても美味しかったぜ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特筆すべきはクラフトビール。ベルギースタイルのレベル高い地ビールがたくさん。 写真は小麦のエール。レモンを添えてテラス席で飲む。良さ〜!! ヴィリニュスで食べた郷土料理は、どれも西側ヨーロッパ料理のように重くなく、かつ人懐っこい味わいでした。個人的に気になったのはザワークラウトの味。ドイツのような単純な乳酸発酵の味ではなく、旨味もコクもある深い味わいでした。どうやって作っているのだろう?

陰りのある街並みの美学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヴィリニュスの街はなんというか、哀愁がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

出国までの数日間「ひとり旅の醍醐味」を満喫しました。
ほんと良い旅でした。それでは日本に帰りまーす。

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)