BLOG

【ヨーロッパ街歩き】eat drink sleep think. トットネスの森の中で深呼吸。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヨーロッパ旅日記、場所をイギリス西部の小さな町、トットネスへ移ります。

イタリア、ボローニャ編はこちら。
・ボローニャを高速早回しで歩いてみました。
・ボローニャをデザイナー視点で歩いてみる

夜の森を抜けると、別世界が…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボローニャ→ロンドン。パディントン駅から一路西に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方にトットネスin(ちなみに看板の文字はGil Sans。正しくイギリスっぽいぞ)。「ほんとにここで合ってるのかしら?」と不安になるほど田舎な駅前。
僕が予約したホテルがあるのは、中心街とは反対側の森のなか。駅のおじさんにホテルまでの道のりを聞いたら「おやおや、歩いたらけっこう長いぞー」との答えが。
タクシーもいないし、バスの路線もよくわからないので、とりあえず歩いてみることに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく道を歩くと、小さなお店がいっぱい集まった不思議な広場に。今度は店員のおばちゃんにホテルまでの道を聞くと「あら?歩いていくの?暗いわよー」とのこと。
ここまで来てタクシー呼ぶも悔しいので、教えてもらったとおりに歩いて行くことに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨の中、真っ暗な道を歩いていきます。街灯もなく、ほとんど獣道(その理由は次回で説明します)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もはや暗すぎて、キツネに化かされたのでは…と不安になりつつひたすら丘を登ること15分。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれッ…? 突如城のような建物が見えてきたぞ…?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もしやここが…?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ようこそDartington Hallへ。えっ、歩いてきたの?」

気さくなナイスガイ、ジェイくんがレセプションで迎えてくれました。僕が予約したのは、なんと元は大学だった敷地をまるごとリノベーションした”Dartington Hall”の中のホテル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とりあえずお腹が減ったので、敷地内のレストランに行ってみると…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

えっ…?何ここ?めちゃセンスいいぞ…!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元の野菜と魚介の料理を注文。めちゃ美味い。
10年前に滞在したロンドンで味わった「イギリスのご飯が全然美味しくない」という先入観が激しく覆る衝撃。正直なところ、ボローニャのご飯よりも好みです(軽いし)。

そしてワインも地元産。まさかイギリスのワインがこんなに美味しいとは…!
(ヨーロッパの人が僕の住む勝沼に来て国産ワインにびっくりするのはきっとこんな感じ)

予想のはるか斜め上の素敵さ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝。改めて外に出てみると、Dartington Hallはこんな感じでした。
レセプションのジェイくんいわく、20世紀はじめにElmhirst一家が創設し、様々な文化人が関わることで複合的な文化施設になっていったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな庭を囲んで、映画館やレストラン、ホテルやギャラリーなどがあります。
建物に趣があるのはもちろん、庭のデザインが本当に素晴らしい。ていうか何だここ、別次元なまでに素敵だぞ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝ごはん。イングリッシュブレックファストが重くて食べられないので、地元ベーカリーの焼きたてパンとヨーグルト、これまた地元の農家のジャムのシンプルメニューに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにハーブティもめちゃ美味しい。

greenzのナオさんに薦められるまま事前知識ゼロで来てみたら、予想を遥かに上回る素敵っぷりに衝撃を受ける(たまたまDartington Hallを選んだ自分、偉い!)。

森のなかで深く”Think”。

えー、私事ですが最近僕、疲れておりまして。
何に疲れていたかというと「過剰なアウトプット」で、本業じゃないはずのトークイベントや原稿の嵐に自分の少ない引き出しが空っぽになっているような感じがしていたのでした。

・僕がオワコン化する理由。報酬は今でも未来でもなく、過去に支払われる。
・表現のリソースを枯渇させないためには、ノイズを発生させる必要がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルの前に停めてあった車に”eat drink sleep think”と書いてあります。ああ、これいい言葉だなあ。

Dartington Hallは、深呼吸するように深く”think”する場所で、静かな森の夜のなかで考え事をしながらゆっくり寝たら、乾ききっていたスポンジに水が染みこんでいくような心持ちがしました。

あーそうそう、僕こういう旅がしたかったのだよなあ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早朝。草原の向こうに見える朝焼けがキレイだったぜ。
それでは次回トットネスを歩いてみまーす。

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)