BLOG, ▶はたらくこと、生きること, ▷のんびり仕事したい, ▷デザインを考える

馬と過ごすゲストハウス。

こんばんは、ヒラクです。
都内はじめじめと不快な気候になってきましたが、僕は先週末から二泊三日で岩手県遠野に滞在しておりました。
働き方研究家の西村さんから民ちゃんともども「遠野行かない?」とお呼ばれされて、「えっ…柳田国男の里!?行きます!」と即答。西村さんと縁のある大変濃いメンバーたちと一緒に、遠野の山中にあるゲストハウス「QUEEN’S MEADOW GUEST HOUSE(通称QMCH)」 でオトナの林間学校してきました。
QMCHを運営している中心人物は、ランドスケープや緑化計画を手がける建築家の田瀬さん。
遠野の山中に「馬と暮らす里」をつくる壮大なコンセプトをもとに、ゲストハウスを始めたそうです。
→詳しくはこちら。
で。
本当に素晴らしい場所なんです。田瀬さんたちのつくった場所。
世俗とは隔絶されたような、遠野物語の時代から変わらないような山の自然のなかで、ゆっくり散歩をしたり、敷地にある畑や田んぼでとれた野菜や玄米を食べたり、馬の世話の見学をお手伝いをしたり。
早朝、虫の声のシャワーを浴びながら、ブラシで馬の毛づくろいをする。
ゲストハウスのウッドデッキでひなたぼっこをする。
夕方には涼しい風が吹いてきて、気持ちいい。
夜はびっくりするぐらい真っ暗で、どこかで動物が動き回っている音がする。
そこかしこから、濃密な「生き物の気配」が漂ってくる。
ただ息をして、身体を動かして、食べて寝て…
ということに対する解像度と密度が上がっていく。
「僕はね、団塊の世代なんだけど、自分の世代のやったことが好きになれない。」
と話をしてくれた田瀬さんが辿り着いた解答が、この遠野のゲストハウスなのかなあと思ったんですよね。
静かなんだけど、饒舌なんです。
その場所にいるだけで、田瀬さんのメッセージがビシバシ伝わってくる。
「おいそこの若者、君はいっしょうけんめい『生きて』いるかい?」
はい。頑張ります。
【追伸】今年、西村さんが田瀬さんの本を出版するそうです。楽しみ!

Pocket