BLOG

関西ツアー@岐阜

こんばんは。ヒラクです。
関西ツアー二日目、岐阜に入りました。
きっかけは、年始に僕のゲストハウスに泊まりにきていた、茶人のなかじとしばっち。彼らの活動『チャバンギャルド』と岐阜のアートコミュニティに興味を持って、京都から岐阜へと遠征しにきたのです。

左がしばっち、右がなかじ。
しばっちは、宮大工。なかじは専門書の編集者。
この二人は、野外のゲリラ茶会、「チャバンギャルド」のオーガナイザーでもあります。
(それはまた別の記事で紹介)
着いてまず案内されたのは…巨大仏!

江戸末期、黄蘗宗という異端禅宗が開いた正宝寺に納められた仏像。
寄進のみによって建てられたハードコアなブツです。
ブツの洗礼を受けた後は、オルガンデザイン室へ。
カバさんという、地域のブランディングを手がけるデザイナーが主催するデザイン事務所です。
ここは町家を改装して作られていて、非常によい雰囲気。
活版印刷も手がけていて、活字の鋳型がズラリ。
話は岐阜の歴史から地域おこしの方法論、風水にと多岐に渡りました。

カバさんと、愛猫のまめぞう(元気すぎてブレてます)。後ろい見えるのは活版の道具たち。
そしてさらに移動、岐阜一番のアヴァンギャルドカフェ、Travessiaへ。

ここで、ライブを聴きつつこの記事を書いています。

さて、この後はどんな展開がまっているのか?

次回に続く!

Pocket