BLOG

空っぽの器に、言葉が降り積もったので…

こんばんは、ヒラクです。
最近イベントの告知ばかりだったこのブログ、ちょっと考え直したいなと思っています。
というのも最近、また自分のなかで「自分のことば」が蓄積されてきているようなのです。ここ一年弱、ひたすら色んなプロジェクトの中で、企業や自治体や環境の問題の解決を考え続けてきました。それはつまり、「他人のことば」を青森のイタコのように紡ぐという作業でした。
それにひたすら没頭していく作業は自分を「空っぽ」にしていくというプロセスに他ならなかったのです。まるで自分のことにように、自分でない誰かのことを考え、共感したり悩んだりしたりを繰り返してきました。建築・街づくり・観光の地域に関わることから食・生態系・エネルギーの社会のインフラに関わること、さらにファッション・観光・現代美術の文化に関わる様々なジャンルでイタコ作業を続けた末に何が起こったのか。
空っぽの器のなかで、逆説的に「自分の声」が残響するようになったのです。
様々なジャンルや事情を超えて、共時(シンクロニシティ)的なものが存在している。そして、そういうものの中を僕は生きてきたんだ、という無意識的な声でした。
…なんて、抽象的な話はさておき。
要はまたああだこうだと言いたいことがたまってきた、ということなんです。
そのために、ブログをたくさん更新します。たくさん更新するためには、いくつか自分のなかで更新のハードルを下げるルールを設けることにしました。
▼告知以外の記事では、原則画像を貼り付けない。
▼必ずしも「平易な文章」を心がけなくても良い
▼未整理なことでもアイデアの断片として掲載する
つまり、「読みやすいブログ」にならない代わりに、更新頻度を上げようというわけですね。読みにくいし何を言いたいか判然としなくても読みたい奇特な皆様、今後の工作室のブログにご注目ください。
かしこ

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)