BLOG, NEWS, ▶発酵文化人類学

新作アニメ「こうじのうた」クラウドファンディング中!

crowdfunding_banner

みんなに使ってほしいから、みんなにスポンサーになってほしい!

前作「てまえみそのうた」から3年、いよいよ新作アニメ制作がスタートしました。その名も「こうじのうた」。味噌、醤油、日本酒。「日本の味」を支えている、和食の縁の下の力持ちこと、麹(こうじ)。
具体的な食材や調味料ではないのですが、和食が和食たる所以、そして僕たちが外国に行ってしばらくしたら「ああ〜、味噌汁飲みてえ」とか「醤油ラーメン食べてえ」とか思う所以は、こうじにあり。このこうじが、大豆や麦などのタンパク質やでんぷん質を分解して作り出す旨味成分に僕たち日本人は先祖代々アディクトしまくり、もはやこの「こうじ旨味」がないと禁断症状が出るほどなのです。

まあつまり何だ、こうじはエラい!ってことだ。

そんな素晴らしいこうじの文化を褒め称える歌と踊りが今回の「こうじのうた」です。

クラウドファンディングは「こうじのうた」のためにある!

IMG_2891
コーラスの歌入れ記念写真。なんと!千葉の寺田本家の麹室で歌いました。

さて。そんな「こうじのうた」。今回も前作同様、ワークショップや地域の広報誌などにアレンジOKの「誰でも使える」仕様(ただし、特定の企業の「ウチだけのCMソングです」としてテレビで流したりするのはNGです)。
前作「てまえみそのうた」は、全国各地の保育園、小学校、その他教育機関や地域の集まりなどで食育プログラムに採択されました。他にも、自然食品店や飲食店でもワークショップや講座に使ってもらったり、全国の醸造メーカーさんの「手前味噌づくり講座」の時に歌ってもらったりしています。
さらに!韓国やポーランド、フランスでも楽しんでもらっているらしく、「美味しい&楽しいは国境を超える」ということが実証されました(いやー、ほんとスゴい)。

皆様、本当にどうもありがとう。

でね。こういう風に使ってもらうためにはですね、「自主制作」でないといけないんですね。
特定の団体や企業がスポンサー、あるいはクライアントで作ると、利害関係を超えて色んな人に楽しんでもらうことができなくなるわけです。
なので、特定のスポンサーはつけない。コピーライトを、自主制作したクリエイターにしっかり帰属させておく。だから自主制作。

でも一つ問題があります。制作費をどうするか?前回はほぼ全て手弁当で作りましたが、さすがに今回もそれはしんどい。

ならば、みんなに使ってほしいわけだから、みんなにスポンサーになってもらおう。
で、クラウドファンディングって、そういう仕組みじゃなかったっけ?

ということで、今回の挑戦になったわけでした。
みなさま、ぜひプロジェクトにご参加くださいませ。

世界に誇る発酵文化を伝える。アニメ「こうじのうた」を一緒に作ろう! | クラウドファンディング Makuake

担当してくれたMakuakeの矢内さん、つないでくれだ中里ゆうじくん、どうもありがとう。
発酵兄妹&コージーズの皆様、がんばるぞー!

Pocket