BLOG

工作室の夏休み 【新島】


そうだった、海って青いんだ!!
Noname produceの村上レツ主催の「新島ツアー」、4年ぶりの参加。
しかも観光だけではなく、手作りビーチクラブ『WAX』にてDJしてきました。
(左のヒラクのプロフィール写真は、その時のもの)
小さな頃に佐賀の港町にいたのもあって、海水浴は得意。
真っ黒になるまで泳ぎまくり、バーベキュー、散歩して、
夕方はパーティ。


思わず見とれる景色でした。

パーティもおおいに盛り上がる。(手前で煽ってるのがハゲ社長レツ)
一番盛り上がった曲は、ドリカムの「未来予想図2」(笑)。
みんな拳を空に突き上げて大合唱。新島の島人たち、熱いぜ!
翌日は、そのWAXを主催しているケンサクさんに会いに、
新しくできたばかりのcafe、ホテル『saro』まで散歩。


元の古い民宿の雰囲気を壊さず、なかなか落ち着ける空間に。
以下ケンサクさんとの話の要約:
大学時代、新島でライフセーバーをやっていたケンサクさんは、海外滞在の後東京で働き始めた。
それからしばらくして新島を再び訪れてみると、離島ブーム、サーフィンブームが終わり、過疎化する新島にショックを受け、島起こしを決意。
海岸沿いにクラブを手作りで作り始める。
そのうちcandle juneさんや村の若者もプロジェクトに参加し、見る間にクラブっぽくなり、
chari chariやDJ kensei、石野卓球などを招いてパーティを行う。
クラブを拠点に、新しい人たちを観光客として新島に呼び、さらにクラブの運営が新島のコミュニティー機能も果たし始め、一躍街おこしの中心に。
「覚悟を決めたら、最低5年はやり抜け!」
「+になっても?になってもいい、とにかく0で甘んじるな!」
「地域を変えられるのは三種類の人間。バカ者とヨソ者と、あと何者だっけ…?」
などの熱い言葉を頂きました。
地域のデザイン計画に関わる身として、大変参考になりました。
てなわけで、名残惜しみつつも新島の一泊旅行は終わったのでした。
帰りの船では、偶然saroの店長と再会。
来年も行くぞー!

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)