BLOG

他人の夢=自分の夢、ではないのだ。

他人と自分の夢、その二つに橋を架けるのは、=(イコール)じゃなくて、&(アンド)だと思うんです。

いつも応援してもらっている皆様のおかげで、合同会社++のお披露目会は無事、大盛況で終わりました。
これで、ようやく会社がスタートしたと言える感じです。本当にどうもありがとう。

で、いまこのタイミングで伝えたいこと。合同会社++には、「社長」も「取締役」もいません。僕と安田さん、二人の「共同代表社員」が会社の経営を担っています。

別に肩書きなんてどうだっていいなんて話もありますが、僕はこのあり方に愛着を持っています。
なぜか。それはこの会社が、「自分の夢」を叶えて、同時に「誰かの夢」も叶える場だ、と思うからなんです。
僕はけっこうワガママな性格だから、他人の夢が自分の夢です!なんて言えません。だけど、隣の誰かが夢を実現するのは人並みに嬉しい。
だから、両方叶えられたらいいなあ…と思うわけです。

それで、合同会社であり、共同代表社員なわけです。

「生態系と人間の営みが調和した社会をつくる」という共通の理念を持って、チームプレーで夢を叶える。そういうことの可能性を追求してみたいのです。
いかなる才能も、創造的なチームには敵わない、と僕はそんな風に思っているし、創造的なチームこそが、個人の才能を引き出す、とも思います。
自分の夢にも、誰かの夢にも一生懸命になる。そういうチャレンジが、ブレークスルーを生む!とそんな意気込みを持って、合同会社++は進んでいます。

皆様、改めまして小倉ヒラク&安田知代の共同代表をどうぞよろしく。

Pocket