BLOG

一週間ぶりの更新(汗)

こんにちは、ヒラクです。
気づいたら一週間も更新が滞っておりました。
1月末に「手前みそのうた」がNHKで放映されてからにわかに色々なところからの問い合わせが増え、かつ新しい依頼も舞い込み、かつ去年末から本格始動したSMALL WOOD TOKYOが急展開を見せる等々、あまりにも慌ただしすぎてぜんぜんブログを書く余裕が無かったのでした(正確には、書く時間はあったんだけど、「書くことを考える余裕」が全然なかった。本業でハードに考えることが山積してるしさ)。
さてそんなサボりがちの当ブログですが、以外なことに先月末からアクセス数が落ちないのですよ。むしろじわじわとアクセス数が上昇しています。僕の自分勝手な想像によると、手前みそのうた関係で初めて訪れた人が、「どれどれ、他の記事も読んでみよう…、おや、なかなか良いことを書いているではないか。さっそくお隣のおトメさんにも教えてあげよう。」「先日紹介していただいた『地営業通信』とかいうブログですが、なかなか読むべきことが書いてありますね。このブログを読むうちにだいぶパソコンの使いかたも上達しまして。それにあの小倉ヒラクさんとかいう青年ね、私の孫とちょうど同じ年頃で、なんだか無性にマサルの顔を見たくなりましたよ。」「おトメさん、それでは東京のマサルくんに一つ手作りのお味噌でも送ってあげたらどうかね。」「そんな古風なことしたって、マサルは喜んでくれるかどうか…」。
そして同時期、東京では「ねえねえマサル、最近超かわいいアニメ見つけたんだけど。なんか、手前みそ?のうた?って言うらしいよ。ていうか味噌って、コンビニのMコメのでいいし?みたいな感じだったけど、手作りとかさ、ヤバいよね。」「でもさー、こんな狭いアパートじゃ無理じゃね?味噌ねー。そういやうちのバアちゃんの味噌汁、美味かったなぁ。あれ手作りだったっけ?」「それ超ヤバくない?ちょっとマサル、電話してみてよ」。
なんと。僕の知らないあいだにそんな「世代間断絶」をリカバーするソリューションになりえていいたとは。こんなふうに「ひたすらロングテールしていくことによって、『井戸端の世間話』的にアクセスが伝播・増殖していく」というのがブログの醍醐味なのですね(と妄想を勝手に既成事実化してみる)。
いつもブログを読んでくれている民ちゃん、民ちゃんのお母さん、タケダ、ゆうじ、ドラさん、ナオくん、保原さん、美穂ちゃん、美穂ママ、中島さん、磯辺さん、酒井さんをはじめとするたくさん皆様、どうもありがとう。
「顔が見える人たちに向けて書き続ける」って、文通みたいで良いですね。
これからも、マイペースに続けるぜ。

Pocket