BLOG, NEWS

『夏休み!発酵菌ですぐできるおいしい自由研究』を持っている人へ呼びかけ。

ヒラクです。山梨の山の上な夏の盛りを過ぎてずいぶん過ごしやすくなりました。

今日はみんなに呼びかけのブログです。
今年の6月に出た『夏休み!発酵菌ですぐできる おいしい自由研究』について。これは去年末に図書館用に出した自由研究本が好評で、それを一般向けに出したものです。
おかげさまでこっちも好評でたくさんのご家庭で自由研究に使ってもらっているようです。どうもありがとう!

その中で、酵母液からパンをつくる実験をしていた親子から「ガラス瓶に材料を仕込んだら、数時間で破裂するほど発酵が進んだ」という問い合わせがありました。
レシピではずっと放ったらかしにしないで一日一回は瓶をあけて材料を混ぜるように書いておいたのですが、暑い夏の環境の場合ものすごく短時間で酵母の発酵が進むことがあります。
なので、30℃近い夏の環境で仕込む時は

・市販の丈夫なガラス瓶を使う(食材やジャムの瓶の使い回しをしない)
※それでも心配な場合は炭酸水用のペットボトルを使う
・フタをゆるめに締める
・泡の出具合を見ながら数時間ごとに瓶の様子を見てガスを逃がす
・発酵が進みすぎて心配になったら冷蔵庫に入れる

ように注意してください。
親子でやっても成功しやすいようなレシピにしてあるぶん、発酵が進みすぎた時には泡が吹きこぼれたり瓶が割れる可能性もあります。僕はIKEAで売っているジャムや酵母液を仕込むようのガラスジャーを使っていますが、これぐらい丈夫だとまず瓶自体が割れることはありません。とはいえ発酵菌は複雑な生き物で、人間の知識の及ばないところもたくさんあります。「単に料理をつくるのではなく、生き物を扱う」という心持ちで実験してもらえられば嬉しいです。

今回のようなケースが再発することを避けるために、出版社の編集部と相談して本を一度回収して訂正シールを貼って再度本屋さんに置き直すことにしました。既に本を持っている人は、このエントリーを参考に注意して実験をしてください。訂正シールをご希望の方は、下の住所まで送料着払いで本を送ってもらえれば、シールを貼って返送します。

【商品ご送付先・お問い合わせ先】
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-2-1 株式会社あかね書房 お客様ご相談係
℡ 0120-03-0641 受付時間 月~金(除く祝日)9:30~12:00 及び 13:00~17:00
※本の返送は8/25以降を予定しています

親子で安全に自由研究を楽しんでもらえるように、今後より工夫を重ねていきたいと思います。

Pocket