BLOG

「長くて良質な文章を読みたい」という古典回帰。

こないだ書いたホメオパシーの記事が、noteでものすごーく読まれている。ホメオパシーの情報理論。

noteを使っている人は、こういう事に興味がある人が多いのでしょうか。だとすると、noteって「ギーク系のSNS」ではない感じかも。
記事を読めばわかると思うけど、けっこうマニアックかつスピリチュアル要素もある「文系」な話なので、GIGAZINEとかを読んでいる人にとっては「で、何なの?はやく3つにまとめなさいよ!」となりそうな話だしね。

…ここで推測してみると「抑えておきたい◯◯3つ」、「今すぐできる!◯◯10選」みたいな構成、あるいは二次情報のまとめ記事に、みんな飽き始めているのでは。

とすると、当然次に来るフェーズは「長くて良質な文章を読みたい」という古典回帰なのですよ。

・ギーク同士の情報&ファイル交換

・テキストサイトによるネタの競い合い

・ブログによる日記の表現化

・オウンドメディア、スモールメディアによるバイラル記事の量産

・既にあるコンテンツをまとめるキュレーションサイト(←いまココ)

・WEBテキストと読書体験の近接(←次のフェーズ)

むむむっ、もしかして追い風が吹き始めたのか、自分??

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)