BLOG

「代表取締」らない会社

こないだFacebookにあげた連続投稿をあらためて記事にまとめます。プラス、ちょっと追記を書いたので、Facebookを読んだかたは最後のほうをチラッと読むとよいかも。
———————–☆————————-
朝、地元三鷹の商工会から電話。

「小倉様は、合同会社++の…代表取締役でございますか?」「合同会社には、取締役という肩書きは存在しません。代表社員です。」と回答。

ご存知のとおり(と勝手に前提をつくるけど)実質においても++には何かを「取り締まる」人がいないので、みんな非常にマイペースかつ高速に仕事をこなしている。「ほうれんそう(報告連絡相談)」はご飯を食べながら雑談形式でやる。

言い忘れたことがあったら、メールするなり電話するなりで片付く。基本は「何もないということは、平穏無事ということであり、物事は上手くいっている」という認識で、「うまく行かないと思ったら、どんな恥ずかしいことでも相談できる」関係性を保つことを大事にしている。なぜこれが可能かというと「共感しているから」「みんなオトナだから」ということだと思う。

もしこの二つが担保されていたら、大所帯になっても「取締役不在」は可能な気がしないでもない(なったことないからわかんないけど)。そして、今のこの状態が上手く機能しなくなる可能性があるのは、たぶん「オトナ未満の新入社員」を教える必要性が出てきた時なのでしょう。

そのタイミングは、結構早くに来たりして。

で、今の話の続きを考える。もう一人の代表社員の安田さんと出会ってから、かなりの回数の数のワークショップ「++セッション」を開催して、いつの間にやら「共有」するためのテクニックの専門家になりつつある(多分)。で、その視点から見ると、会社とかチームの業務として行なわれる「共有」って、「しないとコケる」という「予防」という機能である場合が多い。これは確かに有効なんだけど、ともすると神経質的に「予防過多」になってシステム自体が陳腐化して、意味の無い義務だけが残ったりする。なので、僕は割に合理的な判断として「コケそうになったらコケそうだと平気でカミングアウトできる」環境をつくって、「予防過多による業務負荷」のリスクをヘッジする。というか、今書きながらそう決めた。共有は「したら楽しい」「したくてたまらん」という「++な方向」を持つものであって欲しいのです。

さらに追記。ベンチャーって、一人一人のやることがめっちゃ多いから、「攻め」に使うリソースを優先的に確保しないと前に進めない。その時に思わぬ足かせになりそうなのは「とにかく全てを管理・把握すべし」という欲望を遂行するときに突っ込まれるリソースだと思うのよね。他のメンバーが何をやっているか全部把握してなくても「あんたが楽しくやっとるんだったら、それは上手くいっとるのね」と気楽に構えていること。

そして「楽しくなければ、まあお茶でも一服」というウェルカム感を大事にしたい。で、そういう「スケジューラに入ってないけど物事を前に進める出来事」を適切に起こすために、風通しの良いオフィスがあり、いつもそこに人がいる、という「会社」のインフラが必要なんだなと最近考えた次第です。

 

追記:ちなみにこの「なるべく管理しない」方向性は、普遍的な正解というよりは、「少ない人的リソースを最大限まで活かす」ためのベターな回答なのかなと思います。人数が増えたときや、プロジェクトの数がものすごく増えてきたときはそうじゃない事が正解かもしれません。それは「そうなったらそのとき考える」のが++的方法論なので、「これが社会の未来だ」的な大見得は切るつもりはないです。あくまでリアリズムとして「こうしたら最も少ない負荷で、最も効果が期待できるじゃろ」という風に判断した結果です。正解は、組織の数だけあるということで。

…という考えが基本的な姿勢なのですが、「隅々までマネージメントする」という志向が、果たして本当に合理性に基づいているのか、ということについてはやはり疑問を持っていたりして。

というのも、「マネージメントする」ということは、マネージメントする人にタスクを貸し、それをきっちりやってね、という事になるんですが、それは裏を返せば「余計なことはやらんでいい」ということになります。となると、合同会社はまさにその「余計なこと」のかたまりなわけで。
意外に「余計なこと」から新しい可能性とか収益とか、出てきたりするんですよね。

というわけで、「余計なこと」が適切にアウトプットされるマネージメントなら、考えてみたい。(それはもうマネージメントとはいわないか)

Pocket


【CONTACT】お問合せはこちらからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (任意)


※送信する前にこちらをご一読ください→

メッセージ(任意)