NEWS, ▶発酵文化人類学

「おはよう日本」の舞台裏。

手前みそのうた、ついに生放送で登場!

先週土曜は、山梨県甲府でNHK「おはよう日本」の生放送に立ち会ってきました。
普段めったに立ち会えない生放送の現場、レポートしちゃいます!

早朝5時。空が白み始めた頃に、NHKの中継車が到着。アンテナがでかい!

生放送の舞台は、甲府の老舗味噌屋ご存知五味醤油の味噌蔵!
そこに、山梨県北社市の子供たちがやってきます。

北社で「見つめよう食の原点」という食育プログラムを手がけるスーパー市役所マン、浅川さん。
今回はなんと市の公用車を出して24人の子供たちを味噌蔵へ連れてきました。

今回の目玉は、「子供たちが踊るナマみそダンス(美味しそうなネーミングだな)」。
振り付けを手がけたダンスユニット、flep funce!の二人も東京から駆けつけてくれました。

親御さんたちも我が子の勇姿を見に早起きして集まってくれました。

「すいません、あんまり身を乗り出すとカメラに入ってしまうので〜」

撮影指導が入ります。

子供たちは、「ダンス組」と「みそづくり組」に別れます。物産展のときにお目見えした「SOY!Tシャツ」を着るダンス組。か、可愛いぜ…!!(ちなみにTシャツの制作は烈くんの会社が手がけるTシャツプリントサービス、T1200

みそづくり組は、手前みそをつくる各工程を実演するための演技指導を受けます。
ちなみにこの子たちは、北社市のプログラムで実際におみそを仕込みました。ちっちゃい頃にそんな体験できるなんて、うらやましい限り。

撮影スタッフ、出演者等、関係者の約50名が集まる現場をとりしきるNHKディレクターのDさんの背後で、子供たちにダンスをレクチャーするflep funce!。

リハーサル開始。ベレー帽的なサムシングを被って怪しい中国人みたいになっている五味の若旦那(本番の時は帽子を変えました)。

バックヤードのこうじ室では、五味醤油スタッフの職人さんたちもスタンバイ。

いよいよ本番開始!
……(ここから先はさすがに写真撮影はできませんでした)

番組では、甲州みそを使った郷土料理「ほうとう」も取り上げられました。

撮影のラストでは、ほうとうの名店「金峰(ちなみにヒラクがパンフレットをデザインしてます)」のマスター、宮原さんが子供たちに出来立てのほうとうを振る舞います。

うまいもんだよ、かぼちゃのほうとう!!

てなわけで、たった10分弱のなかに甲州味噌やほうとうの紹介、さらにダンスや手前みそづくりの解説まで盛り込んだ超高速の生放送が終わりました。
リポーターの入田さんは朝からハイテンション、超パワフルで現場を活気づけてました。

テレビの現場って、すごいですね〜。

スタッフのみなさま、とっても楽しい体験でした!!また会いましょう☆

Pocket